骨盤ダイエットとは?


骨盤をしめると痩せる

逆に骨盤が開いているとどんなに食事制限をしたり、運動をしても痩せません。

巷では、「飲むだけで痩せる」とかいうサプリがあって、いかにも楽をして痩せられるという宣伝文句が目につきますが、究極の話、痩せるのは骨盤がカギです。

リバウンドも無い、お金もかからないダイエット。それが骨盤ダイエットです。

胸郭を開けば骨盤が閉まるというダイエット方法です
posted by venus at 06:08 | 骨盤ダイエットとは?

骨盤ダイエットの方法とは?


朝、目がさめたら、布団の上で行います。

1.仰向けに寝た状態で、両手を力いっぱい上に伸ばします。

その時、手の平を外に向けて下さい。足くびは90度の角度に曲げます。

ゆっくりと鼻から息を目いっぱいに吸います。胸に空気を吸い込んでこれ以上吸えないというところで息を止め、「ハァー」と一気に吐きます。

2.仰向けに寝た状態で、両手を力いっぱい上に伸ばし、その時、手の平を内に向けて下さい。

足くびは床と平行になるように、ゆっくりと鼻から息を目いっぱいに吸い込み、胸に空気を入れる感じで。

これ以上吸えないというところで息を止め、「ハァー」と一気に吐きます。

1と2が1setで、1setが終わると5秒休憩します。これを3回するだけです。

3回し終わったら、うつぶせになって、起き上がります。

せっかく骨盤を閉じたのに、2度寝をすると骨盤が又、開いてしまうので、止めて下さい。


;">★ビニールの紐2mくらいを用意します


仰向けに寝て、膝を立て、右足に紐をひっかけて上に90度上げます。左足は床に伸ばします。足の裏面を十分伸ばしきって、片足ずつ、行います。それを3Setします。

★這いつくばって、右足を蹴り上げ足を曲げたまま、上下に10回アップ、ダウンします。

左足も同じようにして、3Setします。


;">★立ったまま、足首を90度に広げ、右足軸にして、左足を前に蹴り上げ、そのまま10秒キープします

両手は肩に置いて、体の中心に一本、芯が通っているようによく効きます。


;">★膝を立てて、仰向けに寝ます

かかとと膝を両方ピッタリつけます。

両手でお尻をグッと上に持ち上げて、息を吐きながら20回。

手はおへその上に乗せます。

足が開きぎみになるので、気をつけて。



posted by venus at 06:06 | 骨盤ダイエットの方法とは?

骨盤ダイエットetc


姿勢が悪いと悩みが増えます

普段から前かがみの姿勢の人は、「あれも気になる。これも気にかかる」と、些細なことが気になって仕方なくなります。

姿勢って、不思議ですね。

深呼吸を気がついた時にします。現代人は呼吸が浅くなっているので、両手を広げて深く息を吸い酸素を積極的に取り入れましょう。

酸素は脂肪を燃焼させる大事な要素です。


腰回し


立った姿勢で、両足を自然に広げ、両手を腰のあたりにあて、時計回りに50回、逆回りに50回、腰を回します。

骨盤を柔らかくする効果があります。
posted by venus at 06:02 | 骨盤ダイエットetc

骨盤直しダイエットとは?




肩幅よりやや広めに足を広げて、無理のない程度に膝を曲げます。


そして、肩甲骨を引き寄せるようにして胸を張ります。


両手はお尻のやや後方に持っていき、手のひらは正面に向けます。





1の姿勢のまま、左の肩甲骨を後ろに引くと同時に、骨盤の右側を前に出します。

このとき、背骨の軸を動かさないのがコツです。

このまま5秒保持。次は右の肩甲骨後ろに引くと同時に、骨盤の左側を前に出します。

このまま5秒保持します。


この一連の動作を3回繰り返します。


毎日つづければ、骨盤のゆがみは矯正され、理想の体型を実現できるだけではなく、関節などの痛みも改善できるはずです。


参考文献はこちらです。
posted by venus at 06:00 | 骨盤直しダイエットとは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。